ギャラハッドの覚書 《女子会》創生期

《女子会》創生期

  2014/06/19(2015/04/16手直し)


そもそも 警察関係者以外の友人は
片手にも足りないと 言っていたイヴの周りに
《女子会》が 設立されたのは いつ頃?
(《女子会》と かってに呼ばせてもらっています (笑))

やっぱり 『不死の花の香り』
クラックのクラブ
〈ダウン&ダーティ〉での
イヴのバチェラー・パーティが
この女子会の 最初の集まりと
いうべきなんでしょうが
もしかすると 初《女子会》は あのシーンかも

それは『雨のなかの待ち人』
ロークが 地球にいないため 
ローク邸に サマーセットと2人残されたイヴ
そのイヴが メイヴィスを
ローク邸に招待するエピソード

そう サマーセットと メイヴィスの
初の出会いでもありますよね



   リムジン
シャンパングラス
リムジンでのお迎え
豪華な食事
屋内ラグーン(プール)で
シャンパン片手に過ごすひと時


殺人事件の連絡で
中断を余儀なくされますが。。。

すでに この物語に登場している
マイラとナディーンだけれど
イヴはマイラ
敬遠していて 必要以上に近づかないし
ナディーンとも
まだ 仕事上の お付き合いだけ
話の中には まだ登場していない
地方検事補のレオとは
仕事上での関係は すでにあったとしても
プライベートの繋がりが出来るのは ずっと後のこと

メイヴィスの友だちであり イヴの天敵でもある
トリーナとは まだ出会っていないし
《女子会》の主要メンバーになる
ピーボディの登場は 
この イヴとメイヴィス2人だけの 女子会直後
ルイーズの登場となると まだまだ先

なので この時点で 《女子会》メンバーは
イヴメイヴィスの 2人だけ

それが 『不死の花の香り』での
イヴのバチェラーでは
《女子会》メンバーは
メイヴィスマイラトリーナ
ナディーンピーボディ
そして イヴの 6人に

イヴとロークの出会い
そして ピーボディの登場が
イヴの周りの人間関係を 
イヴにとって)より複雑に
ややこしくしていくのです(笑)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
< イヴ & ローク >
<in Death>
未翻訳・出版予定

 

 2019/08
  出版予定
 シリーズ・49
 “Vendetta
     in Deat”
 

 2019/02
  出版予定
 シリーズ・48
 “Connections
     in Deat”

Connections in Death
 
 

 2018/09
 シリーズ・47
 “Leverage
     in Deat”


 
 

 2018/01
 シリーズ・46
 “Dark
   in Deat”

Dark in Death
 
 

 2017/09
 シリーズ・45
 “Secrets
     in Deat”


 <イヴ&ローク>
 シリーズ・46

 2018/12
  出版予定


 
   ページのトップへ
最新コメント

 ▲ページのトップへ
カウンター
ランキング

 

FC2Ad