ギャラハッドの覚書 長期のシリーズ(〈サイ=チェンジリング〉シリーズの場合)

長期のシリーズ(〈サイ=チェンジリング〉シリーズの場合)

  2017/08/20(2018/03/03追記)


  扶桑社のホームページ 2018年3月 1日の
   扶桑社 ロマンス通信によると

  ナリーニ・シンの新刊についてですが、
  いろいろと社的な事情もございまして、
  早くても年内、もしかすると年度内、
  いった感じで進行できればいいなと
…略…
                 だそうです

  これまでに 出版された
  〈サイ=チェンジリング〉シリーズ 01~13は
  すべて 電子書籍化されています

  

〈サイ=チェンジリング〉シリーズ 01~13

                     黒き狩人と夜空の瞳 サイ=チェンジリングシリーズ (扶桑社BOOKSロマンス)

冷たい瞳が燃えるとき サイ=チェンジリングシリーズ (扶桑社BOOKSロマンス) 氷の戦士と美しき狼 サイ=チェンジリングシリーズ (扶桑社BOOKSロマンス) 気高き豹と炎の天使 サイ=チェンジリングシリーズ (扶桑社BOOKSロマンス) 封印の獣と偽りの氷姫 サイ=チェンジリングシリーズ (扶桑社BOOKSロマンス)

燃える刻印を押されて (扶桑社ロマンス) 遠き記憶が輝くとき サイ=チェンジリングシリーズ (扶桑社BOOKSロマンス) 裁きの剣と氷獄の乙女 (扶桑社ロマンス) 藍色の瞳の女神と戯れて サイ=チェンジリングシリーズ (扶桑社BOOKSロマンス)

雪の狼と紅蓮の宝玉 (上) サイ=チェンジリングシリーズ (扶桑社BOOKSロマンス)雪の狼と紅蓮の宝玉(下) サイ=チェンジリングシリーズ (扶桑社BOOKSロマンス)  金眼の黒狼と月下の戦姫(上) サイ=チェンジリングシリーズ (扶桑社BOOKSロマンス)金眼の黒狼と月下の戦姫(下) (扶桑社ロマンス)

黒曜石の心と真夜中の瞳(上) (扶桑社ロマンス)黒曜石の心と真夜中の瞳(下) (扶桑社ロマンス)  冬の盾と陽光の乙女(上)冬の盾と陽光の乙女(下)

Amazon Kindle版

   


   扶桑社のホームページ
    扶桑社 ロマンス通信
   2017年7月29日の 記事は
   〈サイ=チェンジリング〉シリーズ
    冬の盾と陽光の乙女(上・下)
      (ナリーニ・シン)
   紹介なのですが 最後のほうに
   シリーズ13巻ともなると
   採算の問題が出てきていることが
   書かれています
   〈サイ=チェンジリング〉シリーズは
   あと2作
   “Shards of Hope”
   “Allegiance of Honor”
   一区切りつくそうですが。。。。

   シリーズ途中で 出版が止まってしまいる
   ロマンス小説を 見かけるのは
   やっぱりそういった事情が
   原因なんでしょうね

   わたしは パラノーマルは
   あまり好きじゃないこともあって
   (扶桑社から出ている ノーラ・ロバーツの
    パラノーマル・ロマンスは
    一応読んでいますが

    やはり
    ロマンチック・サスペンスの方が
    おもしろいです)

   このシリーズ 全く読んでいないのです

   でも レビューなどで
   好評なので 気になって
   (長編や 長期シリーズが好きなこともあって)
   もし 図書館にあるのなら
   読んでみようかなと
   蔵書検索してみましたが
   市立図書館にも
   県立図書館においてなくて
   (今は発売と同時に購入している
    〈イヴ&ローク〉シリーズも 初めは図書館の本)
   読むきかいがないままでいます

   シリーズが長くなればなるほど
   売れ行きは
   先細りになっていくのものなのでしょうか
   〈イヴ&ローク〉は
   シリーズ最後まで翻訳されて
   日本で 出版されますように。。。。



   

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ。

お久しぶりです!!!
このシリーズは長年愛読しています。 最後まで出してくれるといいですけど、、
イブロクは大丈夫だと思います。 Amazonで発売されるとロマンス部門でだいたい1、2位になっているので、長年のファンがいるのだと思います。 イブロクシリーズをどうしても電子書籍として保存したく、このまえ、ヴィレッジブックスさんに問い合わせたところ、検討していると返信いただきました。実現されれば、本当にうれしいです。他にもロマンス本で愛読しているシリーズがありますが、ほとんど、放置で続編が出ません。 もう、2、3年待っているのもあります。 そう考えるとイブロクはすごいですね。 イブが妊娠して出産してまた仕事に戻っていくところも読みたいですが、イブが妊娠したらこのシリーズは終わっちゃう、、、とありました。 どうか、続いてくれますように。。。いつも楽しいブロクをありがとうございます。!!!!

satikoさんへ

とても 嬉しい情報 ありがとうございます。
電子書籍になれば よいですね。
実は 私のイヴ&ローク ボロボロなんですよ。
でも 実はわたし まだ電子書籍を利用したことないんです。
イヴ&ロークの電子版がでたら 本気で考えてみます。





お知らせ
< イヴ & ローク >
<in Death>
未翻訳・出版予定

 

 2019/08
  出版予定
 シリーズ・49
 “Vendetta
     in Deat”
 

 2019/02
  出版予定
 シリーズ・48
 “Connections
     in Deat”

Connections in Death
 
 

 2018/09
 シリーズ・47
 “Leverage
     in Deat”


 
 

 2018/01
 シリーズ・46
 “Dark
   in Deat”

Dark in Death
 
 

 2017/09
 シリーズ・45
 “Secrets
     in Deat”


 <イヴ&ローク>
 シリーズ・46

 2018/12
  出版予定


 
   ページのトップへ
最新コメント

 ▲ページのトップへ
カウンター
ランキング

 

FC2Ad