ギャラハッドの覚書 ソシオパス・サイコパス

ソシオパス・サイコパス

 2017/08/23



    
    <イヴ&ローク>シリーズだけでなく
    海外の刑事ドラマにもよく登場する
    ソシオパス(sociopath)と
    サイコパス(psychopath)
    
    これまでは なんとなく分かったつもりで
    読んでいましたが
    ちょっと調べてみることにしました

    社会病質者と訳される
    ソシオパスは 後天的なもので

    精神病質者と訳される
    サイコパスは 先天的ものなんだとか

    でも この二つを
    きっちり線引きするのは 難しいそうです

    <イヴ&ローク>シリーズだと

    ソシオパス
      『赤いリボンの殺意』の犯人
       ジョン・ジョセフ・ブルー
      『パーティーは復讐とともに』の犯人
       ジェラルド・ラインホールドなど

    サイコパス
      『報復は真夜中の秘めごと』の犯人
       ディヴィッド・パーマー
      『学びの園に葬られ』の犯人
       レイリーン・ストタッフォなど

    二つの要因
    先天的なの(持って生まれた極端な冷酷さや感情の欠如など)に 
    後天的なもの(育った環境など)が加わったのではと
    思われる 犯人たちは
      『殺しはオペラを聞きながら』の犯人
       ロバート・ローウェル
      『悪夢の街ダラスへ』の犯人
       アイザック・マックイーンなどかな


    
                        
 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
< イヴ & ローク >
<in Death>
未翻訳・出版予定

 

 2019/08
  出版予定
 シリーズ・49
 “Vendetta
     in Deat”
 

 2019/02
  出版予定
 シリーズ・48
 “Connections
     in Deat”

Connections in Death
 
 

 2018/09
 シリーズ・47
 “Leverage
     in Deat”


 
 

 2018/01
 シリーズ・46
 “Dark
   in Deat”

Dark in Death
 
 

 2017/09
 シリーズ・45
 “Secrets
     in Deat”


 <イヴ&ローク>
 シリーズ・46

 2018/12
  出版予定


 
   ページのトップへ
最新コメント

 ▲ページのトップへ
カウンター
ランキング

 

FC2Ad