ギャラハッドの覚書 アマゾンKindleと楽天kobo

アマゾンKindleと楽天kobo

 2018/01/25


実はわたし つい最近まで
電子書籍を どうやって読むのか
知らなかったんです

もちろんアマゾンKindleや 楽天koboに
それぞれの電子書籍リーダーが
あるのは知っていましたけれどね

Kindleには アマゾンKindle専用の
koboにはには 楽天kobo専用の
電子書籍リーダーが
必要なんだろうな と
なんとなく思っていました

でも Kindleを読むには Kindleアプリを
koboであれば koboアプリを
インストールして立ち上げれば
パソコンでも タブレットでも スマホでも
問題なく 読めるんですね

もちろん 両方のアプリを
インストールしておけば
どちらで購入した電子書籍でも 大丈夫

Kindleや kobo以外の 電子書籍だと
hontoで購入した場合は
hontoビューアアプリを
BOOKWALKER(角川書店)だったら
BOOK☆WALKERアプリを
インストールするようです

電子書籍リーダーの方は
ほかの電子書籍アプリを
入れることができないので
他社の書籍を 読むことはできないんですね

そうか 電子書籍リーダーがなくても
よめるのか。。。

それにしても
電子書籍リーダーって
防水タイプや マンガモデル
老眼でも読みやすいって
いろんなタイプがあるんですね
老眼でも読みやすいに
ちょっと 心が動くかも。。。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほのちくりんさん、こんにちわ。

電子書籍は本当に便利です。お気に入りだけを電子書籍にダウンロードして、いつでも読みたいときに読んでいます。 種類ですが、ほのちくりんさんの記述のようにKindle,koboの2つが争っています。koboはポイント還元率が高いです、けれどKindleの方が電子化の種類は多いです。 
私は今はkindleで落ち着いています。 軽いし読みやすいですよ。
イブロクシリーズの電子化を切に切に願います!!!!

Satikoさんへ

電子書籍が 便利なのはわかってはいるんです
本を並べる場所を確保しなくてもいいしだけでも
いいなぁと 思うのですが。。。

でも 目が一番の問題
近視・乱視 そして老眼
眼鏡で矯正しているけれど
画面で 読書は とても疲れそうなのです





お知らせ
< イヴ & ローク >
<in Death>
未翻訳・出版予定

 

 2019/08
  出版予定
 シリーズ・49
 “Vendetta
     in Deat”
 

 2019/02
  出版予定
 シリーズ・48
 “Connections
     in Deat”

Connections in Death
 
 

 2018/09
 シリーズ・47
 “Leverage
     in Deat”


 
 

 2018/01
 シリーズ・46
 “Dark
   in Deat”

Dark in Death
 
 

 2017/09
 シリーズ・45
 “Secrets
     in Deat”


 <イヴ&ローク>
 シリーズ・46

 2018/12
  出版予定


 
   ページのトップへ
最新コメント

 ▲ページのトップへ
カウンター
ランキング

 

FC2Ad