ギャラハッドの覚書 <イヴ&ローク>の 邦題

<イヴ&ローク>の 邦題

 2018/01/28(2018/01/30手直し)
 


来月発売の
<イヴ&ローク>シリーズ・44の邦題が
狩人の羅針盤と知った時
あれっ、狩人って2度めだよね

狩人は 印象に残る言葉だから
すぐ気づいたんでしょうね

そう言えば『夜の狩人の絆』の 絆も
『歪んだ絆の刻印』に使われてるから 2度め

これまで 『この悪夢が消えるまで』と
『悪夢の街ダラスへ』の悪夢しか
意識したことなかったけれど
他にも いろいろあったんですね

意外に 死がつくのは
5タイトル(うち死者・2タイトル)と少なめ

殺も 4タイトル(うち殺意・2タイトル)のみ

者が 7タイトルと 1番多いのは
(死者を 2タイトル含んでるとは言え)
ごく普通に使われる漢字だからでしょうね

原題の方は 
<in Death>で統一されていて
それぞれ 内容にふさわしい単語を
加えればタイトルになるけれど
邦題の方は
いろいろ大変なんだろうな。。。



邦題
悪夢 『この悪夢が消えるまで』 悪夢の街ダラスへ』
死者 死者のための聖杯』 『船上で消えた死者
復讐 復讐は聖母の前で』 『パーティーは復讐とともに』
裏切り 『春は裏切りの季節』 裏切り者の街角』
狩人 『夜の狩人の絆』 狩人の羅針盤』
殺意 『ラストシーンは殺意とともに』 『赤いリボンの殺意
『この夢が消えるまで』 『この邪な街にも夜明けが』
夢の街ダラスへ』  
『不の花の香り』 にゆく者の微笑』
『母になる冬の 者のための聖杯』
『船上で消えた者』  
『報は真夜中の秘めごと』 讐は聖母の前で』
『パーティーは讐とともに』  
復は真夜中の秘めごと』 いのときは,はかなく』
『ラストシーンは意とともに』 『イヴに捧げた人』
『赤いリボンの意』 しはオペラを聞きながら』
『ニューヨーク十二番地のい』 われた使徒のレシピ』
ややかな血脈』 笑は祝祭の影で』
『この悪夢がえるまで』 『船上でえた死者』
『報復は真中の秘めごと』 『ユダの銀貨が輝く
『この邪悪な街にも明けが』 の狩人の絆』
『凍てつくの戯曲』
『冷ややかな脈』 『紅の逃避行』
『死にゆく者の微 『冷は祝祭の影で』
『不死のの香り』 『薔薇のびらの上で』
『復讐は聖の前で』 になる冬の死』
『復讐は母の前で』 『死者のための杯』
『堕天使たちの域』  
『この邪悪なにも夜明けが』 『裏切り者の角』
『悪夢のダラスへ』  
使 『呪われた使徒のレシピ』 『堕天使たちの聖域』;
『歪んだの刻印』 『夜の狩人の
『死にゆくの微笑』 『汚れなき守護の夏』
『過去からの来訪 『死のための聖杯』
『裏切りの街角』 『船上で消えた死
『孤独な崇拝  



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
< イヴ & ローク >
<in Death>
未翻訳・出版予定

 

 2019/08
  出版予定
 シリーズ・49
 “Vendetta
     in Deat”
 

 2019/02
  出版予定
 シリーズ・48
 “Connections
     in Deat”

Connections in Death
 
 

 2018/09
 シリーズ・47
 “Leverage
     in Deat”


 
 

 2018/01
 シリーズ・46
 “Dark
   in Deat”

Dark in Death
 
 

 2017/09
 シリーズ・45
 “Secrets
     in Deat”


 <イヴ&ローク>
 シリーズ・46

 2018/12
  出版予定


 
   ページのトップへ
最新コメント

 ▲ページのトップへ
カウンター
ランキング

 

FC2Ad