ギャラハッドの覚書 コンピューターとドーナツ

コンピューターとドーナツ

 2018/04/30



イヴの セントラルのオフィスのPCは
イヴを からかっているのか
馬鹿にしているのか
それとも
イヴの暴力と罵詈雑言に 耐えかね
反撃してるのか(笑)

『カサンドラの挑戦』では
標的となりそうな建物のリストが
北京語になってしまうほど

〖ささいなことが。。。〗
『ラストシーンは殺意とともに』(3月)の中で
イヴの悩みの種だった そのPC
最新のXE-5000に交換された

と 書いたすぐ後

『ユダの銀貨が輝く夜』(4月)で
???といった シーンと
出くわしてしまったのです

 …略…イヴは部屋を出て、会議室へ行った。
自分のマシンで
データを再生できてしかるべきなのに。
こっち
(会議室)のは新しいマシンで、
彼女がさっきまで
(自分の部屋で)
首っきで向かっていた
泣き虫でどもり屋の
ポンコツに比べると、雲泥の差なのだ


自分のマシン(イヴのオフィスにあるPC)
=ポンコツのマシン
ではなくて
自分のマシン(イヴのオフィスにあるPC)
=最新のXE-5000 のはずでは?

『薔薇の花びらの上で』(5月)
念願かなって新しい機種を手に入れていたから
  …略…
イヴはマシンの側面を撫でた。
イヴは 新しいPCの働きに ご満悦のようです


他にも ささいな
食い違いは いろいろあって
やっぱり『ラストシーンは殺意とともに』(3月)

子どもが生まれたお祝いに
ドーナツを持参した ジーノ捜査官

イヴは 刑事の習性は心得ているので、
さっと先にひとつ取ると、
他の連中が肉を漁るハイエナみたいに
ドーナツに襲い掛かった。


刑事の習性=ボスが手を出すまで遠慮する
なんだと思ったのは わたしだけ?
イヴは みんなに食べつくされる前に
先に 1つとったと読み取るべきなの?

ほら確か ブルペン(大部屋)に 焼き菓子が
持ち込まれると
食べつくされてしまうのですよね

この話の終わりの方でも
イヴのオフィスに入るため
ドーナツを持参した ナーディン
彼女と イヴの会話

あいつらなんで、
 あんたをここに通したの?

わたしがドーナツを持参したから。
  …略… 」
わたしの分は?
悪いわね。みんなドブ鼠のように
 飛びついたから。
 バクスターはくずまで舐め尽くした気がする


刑事の習性=ボスが手を出すまで遠慮する
じゃなくて
刑事の習性=ドーナツには目がない・早い者勝ち
さて どちらでしょう?



2018/05/06
『カサンドラの挑戦』を
読み返した時点で 少々加筆修正

2018/05/08
薔薇の花びらの上で』を
読み返した時点で 少々加筆






関連記事

コメントの投稿

お知らせ
< イヴ & ローク >
<in Death>
未翻訳・出版予定

 

 2019/08
  出版予定
 シリーズ・49
 “Vendetta
     in Deat”
 

 2019/02
  出版予定
 シリーズ・48
 “Connections
     in Deat”

Connections in Death
 
 

 2018/09
 シリーズ・47
 “Leverage
     in Deat”


 
 

 2018/01
 シリーズ・46
 “Dark
   in Deat”

Dark in Death
 
 

 2017/09
 シリーズ・45
 “Secrets
     in Deat”


 <イヴ&ローク>
 シリーズ・46

 2018/12
  出版予定


 
   ページのトップへ
最新コメント

 ▲ページのトップへ
カウンター
ランキング

 

FC2Ad