ギャラハッドの覚書 NYPSDでのローク

NYPSDでのローク

 2018/05/05



NYPSDで
捜査に協力している時の ロークは
イヴのオフィスにいるより
フィーニーやマクナブと一緒に
EDDで過ごしているイメージが
強かったけれど
考えてみれば 最初から
そうだったわけないですよね

『春は裏切りの季節』の中の
ロークが 初めて
フィーニーのオフィスを
訪ねるシーンを読んで
そういえば これまでは
いつも 自宅で イヴのオフィスや
隣の 自分のオフィス
時に 未登録のマシンが置かれた部屋で
イヴに頼まれた調査や
彼女に内緒で 違法に封印を
解いたりしていたんですよね
あっ、これらは 今も自宅で続けてますけど

ロークが フィーニーやマクナブと一緒に
セントラルのEDDで働くのは
もう少し先のこと

この2人も 最初の頃は
イヴのホームオフィスか
ローク邸のラボ
(未登録のマシンが置かれた部屋じゃなくて)と
呼ばれている部屋の
最先端のPCで 仕事をしていたんだと
改めた思った次第

今のロークは セントラルの
会議室で行われる
ブリーフィングに参加していたり
イヴのオフィスなどで
彼女が容疑者の取り調べを
済ませるのを 待っていたりして
時に 大量のピザなどを差し入れして
殺人課や EDDでは
捜査メンバーの1人として
いて当たり前の存在かな




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
< イヴ & ローク >
<in Death>
未翻訳・出版予定

 

 2019/08
  出版予定
 シリーズ・49
 “Vendetta
     in Deat”
 

 2019/02
  出版予定
 シリーズ・48
 “Connections
     in Deat”

Connections in Death
 
 

 2018/09
 シリーズ・47
 “Leverage
     in Deat”


 
 

 2018/01
 シリーズ・46
 “Dark
   in Deat”

Dark in Death
 
 

 2017/09
 シリーズ・45
 “Secrets
     in Deat”


 <イヴ&ローク>
 シリーズ・46

 2018/12
  出版予定


 
   ページのトップへ
最新コメント

 ▲ページのトップへ
カウンター
ランキング

 

FC2Ad