ギャラハッドの覚書 ひとり語り メイヴィス(2060年12月)

  
   <イヴ&ローク>新刊情報 (最新更新日 2018/07/27) 
(シリーズ・46 2018/12 発売予定)



 

ひとり語り メイヴィス(2060年12月)

  2014/06/06(2017/12/10手直し)

     イヴの最初の友人
     ミュージック・パフォーマー
     メイヴィス・フリーストーン
             
パートナー

 レオナルド
 ベラ・イヴ




2060年・12月

10年以上前
まだ制服を着ていたダラスに
あたしが捕まったのが
彼女とあたしの 最初の出会い

あの頃は 詐欺や ちょっとした盗みが
あたしの仕事だったからね

最近〈ザ・クラブ〉の仲間や
あの頃の知り合いが 巻き込まれた事件を知った時
ダラスと出会えた 自分の運のよさに
感謝せずにはいられなかった。。。

ダラスって あんな性格でしょ、だから最初は
面白がって 彼女にしつこく付きまとってやったんだ
ホントは半分 嫌がらせのつもりだったんだけど 
何でだろう お互い離れられなくなっちゃって
いろんな 打ち明け話もするようになった
お互い 知らないことはないんじゃないかな

あたしの母親は 親として最低だと思っていたけど
ダラスが経験した 子供時代は
あたし以上に 辛くて惨めで
ダラスはそれを ひとりで抱え込んでいて
誰かに 頼ろうとか 甘えようとかしないんだ

そんな彼女は 警官として勇敢でも
どこか痛々しくて。。。

とにかく 彼女は警察官目指して
一心不乱に 突き進んでいて
あたしと 出会ったときは 制服組だったけど
すぐに 捜査官の試験に合格
悪い奴を捕まえるのが優先で
楽しみは いつも後回しの毎日

そんな時 ロークと出会った

ロークとダラスのこと 知った時 驚いたけど
心から よかったって思ったのは ホントだよ

ダラスって 楽しいことには 無理やり引っ張り出さなきゃ、
まるっきりやろうとしないじゃん
それだって、半分は 仕事優先でキャンセルだし。。。

ロークだったら お金に糸目をつけず 何でもできるから
たとえ ちょっとの間だけでも
楽しんじゃえばいいじゃんって思ったんだ

でも ロークは ダラスに
彼女に 安心して寄りかかれる肩と
愛を与えてくれたんだと思う

最初は あせってジタバタしてた ダラスだけど 
とうとうロークに 押し切られちゃった
今のダラスは 何があっても
ロークが守ってくれるから 安心して見てられるんだ

それに ロークじゃ駄目な時は
あたしも ピーボディも 他の女子会仲間もいるもんね
(知らんぷりしてるけど サマーセットも強い味方だし)


う~ん、今更 思うんだけど ダラスと出会わなかったら
あたし 今頃どうなっていたんだろう。。。




 元の記事(2014/06/06)
  


メイヴィス・フリーストーン
(イヴの親友・ミュージックパフォーマー)

まだ制服を着ていたダラスに 捕まったのが
彼女とあたしの 最初の出会い、もう 10年以上前だよ。
( ¨)... あの頃は 詐欺や 
ちょっとした盗みが あたしの仕事だったからね...( ¨)

ダラスって あんな性格でしょ、だから最初は
面白がって 彼女にしつこく付きまとってやったんだ。
ホントは半分 嫌がらせのつもりだったんだけど 
何でだろう お互い離れられなくなっちゃった。

ロークとダラスのこと 知った時
心から よかったって思ったのは ホントだよ。
ダラスって 楽しいことには 無理やり引っ張り出さなきゃ、
まるっきりやろうとしないじゃん。
それだって、半分は 仕事優先でキャンセルだし。。。

ロークだったら お金に糸目をつけず 何でもできるから
たとえ ちょっとの間だけでも
楽しんじゃえばいいって思ったんだ。

でも あの2人 お互い本物に 出会っちゃったんだね
あたしと レオナルドがそうだから わかるんだ。

あたしと ダラスも 本物だと思うんだよ、
お互い 本物同士の間だから 
みんな ちょーハッピーなのかな o(*^▽^*)o~♪

子どもの頃 あたし ずっと一人ぼっちだったの。
親はいたけど 一人ぼっち。
ダラスもそうなんだ あたしなんかより
もっと辛い思いもしてるし。

それが 初めて 心から自分を大切に思って
面倒を見てくれる人に 出会っちゃったんだよ。
最初は あせってジタバタしてた ダラスだけど
とうとうロークに 押し切られちゃった。
今のダラスは 何があっても 
ロークが守ってくれるから 安心して見てられるんだ。

それに ロークじゃ駄目な時は 
あたしも ピーボディも 他の女子会仲間もいるもんね。
(知らんぷりしてるけど サマーセットも強い味方だし)

う~ん、今更 思うんだけど
ダラスと出会わなかったら
あたし 今頃なにしてたんだろ?

今のあたしには 可愛い抱っこ熊ちゃんと 
べりべり可愛いベルちゃんがいるでょ o(*^▽^*)o~♪
その上 仕事は絶好調だし、
もう言葉にできないくらいシアワセじゃん (˃̵ᴗ˂̵๑)






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

● お知らせ ●


   <イヴ&ローク>シリーズ
    既読の方むきの ブログです
    未読の方には
    ネタばればかりで
    とても危険です

             2014/01/10

 ▼最近のコメント 
<イヴ&ローク>近刊・最新刊情報
 最新刊 発売日 2018/07/27
<イヴ&ローク>シリーズ・45      
(<in Death>シリーズ・44)     
『凍てつく夜の戯曲』
      J.D.ロブ/小林浩子訳
 楽天  アマゾン  honto 
凍てつく夜の戯曲
 楽天  アマゾン  honto 
凍てつく夜の戯曲
<イヴ&ローク>電子書籍版 まとめ買い

  
 
 Amazon
   kindleストア

 <イヴ&ローク>
      1~45
 番外編

 『ニューヨーク
      十二番地の呪い』

 『ダーク・プリンスの永遠』
   2冊を除いた45冊
       39,464 円









 ▼最近のコメント
 
●< イヴ & ローク > ●
●<in Death>●未翻訳・出版予定

Connections in Death 2019/02
 シリーズ・48
 “Connections
     in Deat”




       出版予定
 2018/09
 シリーズ・47
 “Leverage
    in Death”



    
       出版予定
Dark in Death 2018/01
 シリーズ・46
 “Dark
    in Death”



    
       未翻訳
 2017/09
 シリーズ・45
 “Secrets
    in Death”



(<イヴ&ローク>シリーズ・46)
  発売予定日 2018/12

 ▼最近のコメント  ページのトップへ
 
●<イヴ&ローク>●2061年


2061/02 
凍てつく夜の戯曲
 2017/02
 シリーズ・44
 “Echoes
    in Death”

 2018
 シリーズ・45
 『凍てつく夜の戯曲』
     小林 浩子 訳

2061/01 
狩人の羅針盤
 2016/09
 シリーズ・43
 “Apprentice
      in Death”

 2018
 シリーズ・44
 『狩人の羅針盤』
     中谷 ハルナ 訳

2061/01 
歪んだ絆の刻印
 
 2016/02
 シリーズ・42
 “Brotherhood
    in Death”

 2017
 シリーズ・43
 『歪んだ絆の刻印』
      小林 浩子 訳
 2015/09
 “Down the Rabbit Hole”に収録
 シリーズ・41.5
  “Wonderment
      in Death”



    
       未翻訳

2061/01 
紅血の逃避行
 
 2015/09
 シリーズ・41
 “Devoted
    in Death”

 2017
 シリーズ・42
 『紅血の逃避行』
      小林 浩子 訳

 ▼最近のコメント  ページのトップへ▲ 
●<イヴ&ローク>●2060年


  開・閉 ●<イヴ&ローク>●2060年
 
 ▼最近のコメント  ページのトップへ▲ 
●<イヴ&ローク>●2059年


  開・閉 ●<イヴ&ローク>●2059年
 
 ▼最近のコメント  ページのトップへ▲ 
●<イヴ&ローク>●2058年


  開・閉 ●<イヴ&ローク>●2058年
 
           ページのトップへ
●最新コメント●

 ▲ページのトップへ
●カウンター●
●ランキング●

 

FC2Ad